2020年1月20日に発売になりました佐伯茂樹さんの本の冒頭で追悼文を書かせていただきました。

https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=963030

〔ONTOMO MOOK〕

佐伯茂樹の本●新名曲解体新書

佐伯茂樹 著/音楽の友、レコード芸術 編

【定価】 1,650 円 ( 本体1,500 円)

【判型・頁数】 B5・160頁

【発行年月】 2020年1月

【ISBNコード】 9784276963030

【商品コード】 963030


2019年8月1日に他界した音楽評論家でトロンボーン奏者、オフィクレイド奏者の佐伯茂樹氏の音楽論考集。

楽曲分析、楽器発達史などの分野における、氏の傑出した情報量と博学ぶりは、「名曲の『常識』『非常識』~オーケストラのなかの管楽器考現学」「名曲の暗号~楽譜の裏に隠された真実を暴く」、ONTOMO MOOK「オーケストラ~楽器の仕組みとルーツ」「ピリオド楽器から迫るオーケストラ」に結実している(いずれも音楽之友社刊)。

「音楽の友」2019年9月号、21回で絶筆となった連載「新名曲解体新書」を中心に据え、氏が「音楽の友」「レコード芸術」に執筆したインタヴュー記事、特集記事やコラム、CD評などを併せた《佐伯茂樹のクラシック音楽講座》とでも言うべき、氏の蘊蓄が全開のムック。




〔ONTOMO MOOK〕
楽器博士 佐伯茂樹がガイドする
●オーケストラ 楽器の仕組みとルーツ

(以下、音楽之友社のページより引用)
「音楽の友」2015年1月号から31回にわたり連載した”楽器博士”佐伯茂樹氏の『楽器ものしり講座ーーオーケストラをもっと楽しく』を再編集した「楽器MOOK」の登場!
「どうしてこんな形をしているのか?」とか「どうして曲の中でこういう使われ方をするのか?」といった、誰もが抱く素朴な疑問に答える形で、オーケストラで使われている様々な楽器の仕組みやルーツを楽しく知ることができる内容で、音楽ファンはもちろん、初心者からマニアまで、楽器を深く知ることのできる必携の一冊。
筆者の佐伯茂樹は、現代楽器&古楽器奏者として活動しており、全ての楽器の最新の状況を現場で得ているので、古い楽器図鑑からは得られない生きた情報が満載。各楽器のスペシャリストの協力による写真も魅力だ。
 巻頭カラーページでは、各時代のフルートを自在に操る有田正広に、ルネサンスから近代までのフルートの銘器を見せてもらいながら、歴史的なフルートの魅力を語ってもらう他、歴史的クラリネット奏者として注目を集める満江菜穂子に、クラリネットの歴史とその体験を語る。カラーページでは、モーツァルトの名曲で使われながら、その構造はあまり知られていないバセットクラリネットとバセットホルンを、ピリオド楽器とモダン楽器と比較する形で詳細に掲載する。

【定価】 1,404 円 ( 本体1,300 円)
【判型・頁数】 A4・144頁
【発行年月】 2018年2月
【ISBNコード】 9784276962781
【商品コード】 962780

PIPERS 367号にインタビューが掲載されました。

「メッサディボーチェ」で歌う楽器 古典クラリネットの魅力 エリック・ホープリッチとの3年間

表紙は、オランダ留学中に満江が製作したアルトシャリュモー(右)と、Peter van der Poel製作のソプラノシャリュモー(左)です。